2010年04月17日

露大統領「領土問題から逃げない」 鳩山首相「9月に訪露」表明(産経新聞)

 【ワシントン=酒井充】鳩山由紀夫首相は13日午後(日本時間14日未明)、ロシアのメドベージェフ大統領とワシントン市内で会談した。大統領は、北方領土問題について「領土問題は難しい問題だが、自分はこの問題から逃げるつもりはない」と述べた。鳩山首相は、「首脳レベルの話し合いを通じて解決の道を探りたい」と応じた。

 会談後、鳩山首相は市内のホテルで記者団に「9月にロシアを訪問したい」と語った。実現すれば首相にとっては就任後初のロシア訪問となる。

 会談で、鳩山首相は北方領土問題について、「(政治と経済という)車の両輪のうち、政治の問題である領土問題の帰属と帰属を画定した後の問題があり、後者は実務的に相当進んできている」と指摘した。その上で、「(領土交渉を)役所同士でやっても埒があかないので、トップ同士で解決したい。それが唯一の手段だ」と述べた。

 首相は、6月にカナダで開かれる主要国首脳会議(G8)や11月の横浜でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)のほか、訪露するなどして、今後、年内に3回の首脳会談に臨み、領土問題解決への道筋をつけたいとの考えを示した。

 これに対し、メドベージェフ大統領は「両首脳間で静かな雰囲気の下でじっくり協議したい」と述べた。

【関連記事】
米露、プルトニウム再利用へ署名 核兵器1万7千発分
政府機墜落 ポーランド大統領夫妻が無言の帰国
米露の“過剰な期待”は満たされたか?
鳩山政権が増税路線に転換? 財務省の思惑チラリ
首相は普天間に政治生命賭けよ
外国人地方参政権問題に一石

<たちあがれ日本>衆参両院に結成届提出(毎日新聞)
春の珍事、津田塾大のイチョウの木にサクラ(読売新聞)
普天間失敗なら内閣総辞職=渡部氏(時事通信)
教会に消火器連続?投げ込み事件…50件以上も(読売新聞)
帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集(産経新聞)
posted by シブヤ トシヒコ at 02:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。