2010年01月29日

民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」(産経新聞)

 公明党の山口那津男代表が27日の参院予算委員会で質問に立った。鳩山由紀夫首相との直接対決となったが、21日の衆院予算委で質問した自民党の谷垣禎一総裁に比べると「迫力不足」は否めず、かえって連携を視野に入れた民主党への「配慮」を印象づけた。

 山口氏は1時間10分の多くを、公明党が重要政策に掲げる景気・経済対策や医療・介護に使い、鳩山政権を揺るがしている「政治とカネ」の問題はわずか8分だけだった。

 首相の偽装献金事件では、政治責任を取らない首相に「厳しい自覚が足りない。国民はあきれますよ!」と厳しい口調で攻めたが、今月2日の年始の街頭演説で「お辞めなさい」と辞任を迫ったときの勢いはなかった。民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件は全く取り上げなかった。

 公明党は、小沢氏との「一・一ライン」で活躍した市川雄一元書記長を今月8日に常任顧問として政界に復活させたほか、山口氏自身も夏の参院選では自民党との選挙協力ではなく「人物本位」で支援する考えを示しており、民主党への接近が顕著だ。

 質問を終えた山口氏は記者団に、陸山会の事件を追及しなかった理由について「時間がなかったし、捜査中のことだから」と述べた。一方、質問した米軍普天間飛行場移設問題については「首相の強い気持ちは表れていた」と一定の評価をする発言もした。

【関連記事】
小沢幹事長疑惑 なぜ参考人招致せぬのか
防戦に追われる首相 自民理事「野党ボケだ」
「政策の違いは出てくる」自民党大会で公明・山口代表
菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席
首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」

社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
<新型インフル>健康成人へのワクチン接種、今月から開始(毎日新聞)
手作りボートを試そうとして事故、60歳男性死亡 千葉(産経新聞)
小沢氏会見詳報(2)「与えられた職責を全うしたい」(産経新聞)
posted by シブヤ トシヒコ at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。