2010年03月29日

神奈川県不正経理、副知事2人を事実上更迭へ(読売新聞)

 神奈川県の不正経理問題で、松沢成文知事は25日午後、羽田慎司(62)、小野義博(61)の両副知事を事実上更迭する人事を発表した。

 両副知事は同日午前、今月末での辞表を知事に提出し、受理された。

 松沢知事は記者会見で、事務方のトップとしての責任を問い、24日に2人に辞職を促したことを明らかにした。自身については、「最高責任者として、県政の立て直しに責任を果たしていきたい」と述べた。

 県の調査によると、不正経理は2003〜09年度で総額約16億6000万円に上り、元税務課員4人(1人死亡)が「預け金」から約1億2000万円を流用していたことも発覚した。県は18日に1717人の職員を処分したほか、知事自身が4月分給与の6割を減額し、両副知事も3割を自主返納する事実上の処分を発表した。

山梨県発注工事で談合か=93年の摘発後も継続−公取委(時事通信)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人−さいたま地裁(時事通信)
平安女学院のシダレザクラは「醍醐の花見」の子孫(産経新聞)
【こども】小学生にも「薬物教育」(産経新聞)
生方氏が小沢氏に要望 「倫理委員会開催を」(産経新聞)
posted by シブヤ トシヒコ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<クロマグロ>全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など(毎日新聞)

 ワシントン条約による国際取引禁止をめぐり注目されたクロマグロのゲノム(全遺伝情報)概要を世界で初めて解読したと、独立行政法人水産総合研究センターなどが26日発表した。養殖に適した品種の開発や、適切な漁獲管理のための産地判別などに役立つという。

 日本近海で漁獲されたクロマグロの幼魚(ヨコワ)を成魚まで飼育し、そのDNAを解析。ゲノムの大きさを示す化学物質「塩基」は約8億対が確認された。今後、遺伝子の特定、染色体上の位置などの解析を続ける。

【関連ニュース】
クロマグロ:保護と消費の両立課題に…禁輸否決
大西洋クロマグロ:2300トン輸入差し止め
クロマグロ:禁輸案否決が確定へ EU修正案提出せず
クロマグロ:「資源管理に取り組む」赤松農相
クロマグロ:「よかった」禁輸否決に首相

【私も言いたい】テーマ「小沢一郎幹事長の進退」(産経新聞)
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院(産経新聞)
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低−厚労省調査(時事通信)
無罪判決後のブログ書き込み、名誉棄損を認定(読売新聞)
次官経験者らも沈黙破る…密約参考人質疑(読売新聞)
posted by シブヤ トシヒコ at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。